「カスタムキャスト」で3Dアバターを作成してVTuberになろう!

2018年10月3日、ドワンゴとS-courtは無料のVTuber配信スマートフォンアプリ「カスタムキャスト(CUSTOM CAST)」のiOS/Android版の提供を開始しました。

カスタムキャストとは?

カスタムキャスト
dwango×S-court共同開発! 直感的なUIで容姿をカスタマイズし理想のVTuberに! フェイスタイプ、ヘアタイプ、ボディ、ã‚...

カスタムキャストは、バーチャルYouTuberのモデル作成とニコニコ生放送への配信機能を備えた、誰でも簡単にVTuberになって生放送配信ができるスマホアプリです。

キャラクターカスタマイズ機能では、「ヘアスタイル」「フェイス」「ボディ」「コスチューム」「アクセサリー」など数多くの設定項目を用意。使いやすく直感的なインターフェースで、簡単に自分好みの可愛い美少女3Dアバターを作ることができます。

動画配信においては、フェイストラッキングやARにも対応しており、手軽にバーチャルYouTuber活動が行えることが特色となっています。また、スマートフォンをシェイク(振る)すれば、お任せのカスタマイズキャラクターを一瞬で作成できる「ランダム機能」も搭載されています。

今後、VRM形式で出力し、「ニコニ立体」への投稿に対応予定。カスタムキャストで作成したキャラクターをVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」にインポートして楽しむこともできるようになります。

これにより、生放送、動画、ゲーム、チャットなど、それぞれで存在するVR世界が繋がり、プラットフォームを超えた自由なコラボレーション実現の一助となることを目指しています。

概要

  • 「フェイストラッキング」機能により、顔認証で配信者の表情をキャラクターにリアルタイム反映できる。

  • フリック操作で追加アクションを付けることもできる。

  • AR機能を使えば、インカメラでキャラクターを現実背景に投影して配信するということも可能。

  • 本アプリをスマートフォン用アプリ「nicocas(ニコキャス)」と連携して生放送配信することが可能。視聴者は「nicocas」もしくはPCブラウザ向け「実験放送」で視聴することができる。

  • 視聴者はnicocasの「ギフト」機能でアイテムを贈ることで番組を盛り上げ、配信者を応援することができる。配信者に贈られた「ギフト」は、「クリエイター奨励プログラム」のスコアに加算され、配信者はスコアに応じて奨励金を受け取ることができる。

  • AR対応で自身のキャラクターを現実世界に登場させることが可能。インカメラに写る自身に重なってキャラクターが投影される。

nicocas(ニコキャス)とは?

※ 2014年12月12日に公開され、わずか3日間で急遽サービス終了を発表したライブ配信サイト「ニコキャス(nicocas)」とは異なるサービスです。

「nicocas(ニコキャス)」は、2018年8月から開始したニコニコ生放送の「実験放送」のための視聴・ライブ配信アプリ(新たな生放送システム)です。

ニコニコ動画には動画/生放送の視聴ができるアプリが既に存在しますが、ニコキャスでは通常のアプリでは視聴できない、新機能を使った生放送も利用できるようになります。

株式会社ドワンゴは、動画サービス「niconico」の新バージョンとして歴代16番目のバージョンとなる 「niconico(く)」(読み方:クレッシェンド)を2018年6月28日より提供開始しました。

「niconico(く)」は、自社開発した2つのストリームサーバ「Akashic(アカシック)」(双方向を担う)と「DMC(ディーエムシー)」(引用・合成を担う)によって実現する、様々な新機能を実装したシステムです。このシステムによって、ニコニコ動画・ニコニコ生放送に続く3つ目のインターフェースとなるのが「nicocas」です。

「nicocas」は、動画・生放送・双方向・映像合成が一体化したインターフェースで、ユーザー生放送をベースに双方向性と協同性を高める豊富な新機能を搭載しているのが特長です。様々なアイテムや演出を介して、生放送配信者と視聴者が番組を合作することができたり、簡単なリアルタイム映像合成で番組を盛り上げたりすることができるなど、よりアクティブなコミュニケーションをユーザーが一体となって楽しめるサービスとなっています。また、スマートフォンでは、niconicoで初めてログイン不要で視聴可能となり、どなたでも手軽に生放送を楽しむことができます。

さらに、まだ知られていない動画や配信者の発掘を促進する機能や、投稿作品の人気度に応じて奨励金を受け取ることができる「クリエイター奨励プログラム」に対応する仕組みも備え、ユーザーの様々なアクションを通してクリエイター支援の機会を増大します。

<双方向機能>

生放送配信者と視聴者が協力し合い、一体となって楽しむことができるるリアルタイムコミュニケーションを実現するための機能。

「カスタムキャスト」で3Dアバターを作成してみよう!

3Dアバター作成アプリ「カスタムキャスト」でアバターを作ってみた!

カスタムキャストについての解説が一通り終わったところで、さっそくアバターを作成してみました。思っていたよりも簡単に作ることができました。

関連サービス

  • 「Vカツ」でキャラメイク
  • VRM書き出しして「ニコニコ立体」にアップロード!
  • キャラクターを「バーチャルキャスト」で動かせる

Vカツ

世界初の Vtuber支援サービス 「Vカツ」

「Vカツ」は、VR専用開発ブランドである「IVR」が開発・運営している、世界初の「Vチューバー支援サービス」である。

3Dキャラクターメイキングからアニメーション、表情付けなどを無料で行え、さらにVR機器を使えばVtuberとして配信を行うことができる。また、有料(1キャラクター5000円)でVカツで作成したキャラクターをVRMで出力することができ、バーチャルキャストでの使用やニコニ立体に投稿することも可能。ソフトはSteamからダウンロードすることができる。

HMDがあれば、ルーム機能を使って全身を動かすことができ、18/08/30対応のVRM出力機能を使えば、バーチャルキャスト等VRM対応ソフトでもつかうことができる。

HMDがない場合でも、キャラメイク・ルーム(β)・VRMアップロード機能は使用できる。

ニコニ立体

ニコニ立体
3D投稿サービス「ニコニ立体」

「ニコニ立体(ニコニりったい)」とは、ドワンゴ(旧 ニワンゴ)が提供する3DCG投稿共有サービスである。2014年5月2日よりサービスを開始した。

3DCGの静止画に加え、MikuMikuDance(MMD)用モデルなどの3DCGデータを直接投稿し、ユーザーがウェブ上でモデルを回転させながら鑑賞する事が可能。モデルデータなどのダウンロードファイルも添付可能。動画・静画投稿作品とのコンテンツツリーやクリエイター奨励プログラムにも対応している。

ニコニ立体が「ニコニコ立体」でない理由については、「当初のサービス名は『ニコニコ立体』の予定だったが、ドワンゴの川上量生会長の鶴の一声により急遽変更になった」とのこと。

バーチャルキャスト

バーチャルキャスト[Virtual Cast]
バーチャルキャストはバーチャルキャラクターになってVR空間のスタジオをリアルタイムでコミュニケーションできるVR...

「Virtual Cast (バーチャルキャスト) 」とは、株式会社ドワンゴと株式会社インフィニットループが設立した新会社の株式会社バーチャルキャストが運営・提供している、VRライブ・コミュニケーションサービスである。

バーチャルキャストは、VR空間でバーチャルキャラクターに変身して、誰でも気軽にライブ・コミュニケーションできるサービスである。VR端末と対応PCがあれば簡単にバーチャルキャラクターになれる。初期プリセットで収録されているモデルの他にも、ニコニ立体から更にモデルを読み込んで、好きなキャラクターを使用することができる。

まとめ

DWANGOによるとカスタムキャストは、VirtualCastの姉妹アプリという位置づけのようです。一人一人がアバターを持つ時代になるのも近そうですね。

リリースから3日程経った頃、アプリストアに偽物が現れました。これは、アプリが対応していないAndroid5.0未満の古い端末では検索しても本物が表示されないことを悪用したものと思われます。偽物は、全く同名の「カスタムキャスト」や「カスタムキャスト2」などが確認されています。ご注意ください。

コメント