インターネット接続:光回線の契約方法と種類

固定回線の光回線はスマホとのセット割が最もお得です。また、外でも使えるモバイル回線(モバイルWi-Fiルーター)という選択肢もあります。

光回線

光回線とは、光ファイバーを利用して、データを送信する通信回線のことです。

光回線を利用するには、「回線事業者」「プロバイダー」の両方と契約が必要です。回線事業者は、光ファイバーの回線を所有している会社。プロバイダーは、インターネットをサービスとして利用できる状態にする門番のような役割を担う会社です。

フレッツ光やauひかり、eo光、NURO光などのサービスが「光回線サービス」と呼ばれています。

光コラボレーション

これまでは一部の例外(※ NURO光など回線一体型のプロバイダー)を除き、NTT東日本・NTT西日本などの「回線業者」と、@niftyやBIGLOBE、OCNのような「プロバイダー」の2社と契約する必要がありました。しかし、2015年2月から、フレッツ光回線の卸提供を受けた各事業者(光コラボレーション事業者)が自社のプロバイダーをセットにし、さらに独自のキャンペーンや施策をプラスした光回線サービスも展開できるようになりました。

そして、フレッツ光回線のサービスとプロバイダーをセットにして一本化した仕組みを「光コラボレーション (光コラボ)」と言います。

これにより回線とプロバイダーの2社への支払い先が1つになり、何かトラブルがあった時のサポート窓口も1つになるので、スッキリして管理も楽になります。

現在は、各事業者が新規顧客獲得に励んでいるため、キャッシュバックやスマホとのセット割キャンペーンなど、ユーザーにとってメリットとなる特典を積極的に打ち出しています。

工事費について

光回線は、電柱などから光のケーブルを自宅へ引き込まないといけないので、工事費が発生します。サービスにもよりますが、だいたい2~4万円程度の工事費がかかり、2~3年かけて分割で支払っていくケースが多いです。

キャンペーンによっては工事費が無料になるものもあります。

転用とは?

フレッツ光を使っている人が光コラボに乗り換える場合、フレッツ光の設備をそのまま使いまわせるので、フレッツ光から光コラボに乗り換えることを「転用」と言います。

ブロードバンド回線の種類

ブロードバンドとは、高速で大容量のデータを通信できるサービスの総称のことです。対して、速度の遅い回線のことをナローバンドと呼び、ISDNやダイヤルアップ等の回線のことを指します。

光回線は、ブロードバンド回線の中の一つです。ブロードバンドには、光回線の他に、ADSLケーブルテレビのインターネットがあります。

旧世代のADSL回線やケーブルテレビのインターネット回線は、メタルケーブル(銅線)の中を信号が流れることでデータを転送していました。ただし、メタルケーブルは信号の減衰が多く、電磁気のノイズなどの影響も受けやすいため、長距離や大量のデータ送信時はどうしても速度が落ちます。

ADSLは下り最大約50Mbps、ケーブルテレビは下り最大約300Mbps程度ですが、光回線は下り最大約1,000Mbps(1Gbps)~2,000Mbps(2Gbps)と桁違いの速度が出ます。

※「Mbps」とは、回線速度を表す単位です。1秒間にどれくらいのデータを転送できるのかを表します。

ケーブルテレビのインターネットは、既にケーブルテレビを導入しているのであれば、簡単に契約可能です。

NTTではフレッツ光の提供エリアでの新規ADSL契約は2016年6月30日をもって終了しています。また、既存のADSL契約についても、2023年1月31日でサービスを終了するという発表がされています。

NTTの回線を利用したインターネット回線サービス

フレッツ光と各コラボ光を集めてみました。代理店のリンクには「代理店」と明記してあります。代理店はインターネットサービスを提供する事業者と私たち利用者の間を取り持ち、事業者に代わって契約をスムーズに締結させる役割を担っています。

フレッツ光

フレッツ光回線+プロバイダというサービス形態。

フレッツ光

ドコモ光【DoCoMoユーザーにおすすめ】

フレッツ光回線とプロバイダが一体になったサービス形態(光コラボレーション)。ドコモ光の対応プロバイダは24社あり、その中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

GMOとくとくBBのドコモ光

@nifty with ドコモ光

ドコモ光 x plala(ぷらら)
Plala ドコモ光

【携帯キャリア】SoftBankユーザーにおすすめ

SoftBank光

SoftBank光(リンクは代理店の株式会社NEXT)

【携帯キャリア】auユーザーにおすすめ

auスマートバリューでスマホの利用料金が永年割引になります。

So-net光 プラス

DTI光

@nifty光

その他のおすすめ

BIGLOBE光
ビッグローブ光

OCN光

excite MEC光

「excite MEC光」はIPoE(DS-Lite)で、【excite光】はPPPoEです。違いは、通信規格にあります。IPoE方式では、PPPoEでアクセスが集中するポイント「POI (網終端装置)」を通りません。そのため、夜間や週末でも混雑の影響が少なく、快適に利用できるので、「excite MEC光」の方がおすすめ。


楽天ひかり

NTT以外の独自の回線を利用したインターネット回線サービス

フレッツ光と光コラボレーションは、NTTのインターネット回線を利用したサービスですが、これ以外に自社で独自にインターネット回線を所有している事業者もあります。

auひかり

KDDIによる光ファイバー(FTTH)網、およびNTT東西のダークファイバを用いたサービスを提供するブランド。

So-net光(auひかり)

GMOとくとくBB auひかり

NURO光

NURO光

So-netのネットワーク基盤であるNUROネットワークを使った個人向けのインターネット接続サービス。ソニーネットワークコミュニケーションズが提供しています。


NURO光(ライフサポート株式会社)

電力系のインターネット回線サービス

これらの回線は、対応エリアが限られているケースが多いですが、全国規模のサービスに比べるとリーズナブルで、速度も速い傾向にあります。

コミュファ光(リンクは代理店の株式会社NEXT)

運営しているのは、KDDI・中部電力系列の中部テレコミュニケーション株式会社です。


eo光(リンクは代理店のライフサポート合同会社)

イオひかりは、関西電力グループのオプテージが提供している光放送のサービス名称です。


MEGA EGG(リンクは代理店の株式会社NEXT)

メガエッグは、中国電力系列の株式会社エネルギア・コミュニケーションズが提供する光ファイバーを使った大容量・高速インターネットサービスです。


ピカラ光(リンクは代理店の株式会社NEXT)

四国電力グループの株式会社STNetが提供する光ファイバーを使った大容量・高速インターネット。


BBIQ(リンクは代理店の株式会社NEXT)

ビビックは、九州電力グループの九州通信ネットワーク株式会社が運営している光回線サービス。

CATV(ケーブルテレビ)

J:COM NET&TV

モバイル回線(モバイルWifiルーター)

持ち運びできるタイプのデータ通信端末をモバイルWifiルーターと言います。工事不要で、気軽に外でもインターネットを利用できることが最大の魅力です

パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi接続機能を持つ端末(Wi-Fiデバイス)をモバイルWi-Fiルーターと接続することで、カフェや公園でもインターネットを利用することができます。

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアはそれぞれでモバイルWi-Fiルーターを提供しています。

また、KDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が提供している「UQ WiMAX」もモバイルWi-Fiルーターです。WiMAXの場合は、家でも外でも利用可能なモバイルタイプから、自宅にて据え置きで使うことを想定したホームルータータイプまで、各種のWi-Fiルーターを揃えています。

他にもワイモバイルの「ポケットWiFi」や、格安SIMで使える「SIMフリーモバイルルーター」も、モバイルWi-Fiルーターの一種です。

WiMAX 2+

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、KDDIの関連会社である「UQコミュニケーションズ株式会社」のWiMAXのサービス名です。現在、20社を超えるプロバイダ(販売代理店)でもWiMAXを提供しています。どこと契約しても本家・本元のUQ WiMAXの回線を使うことになりますが、独自のサービスやキャンペーンを行っているので、比較して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

おすすめのWiMAX 2+提供会社

BIGLOBE WiMAX
「BIGLOBE WiMAX 2+」

So-net モバイル WiMAX

broadWiMAX

とくとくBB WiMAX

LTE

Y!mobile

ソフトバンクグループの「ワイモバイル(旧イーモバイル)」が提供しているWi-Fiルーター(ポケットWiFi)です。

ソフトバンクのサブブランドとして通信事業を営むのが「ワイモバイル」。オンラインストアが「ヤフーモバイル」です。


SoftBank Air

コメント