ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト+(プラス)」は紙の通帳を発行しないWeb通帳。ウェブ上で入出金残高照会ができるので記帳のためだけにATMに行く必要が無くエコでスマート

「ゆうちょダイレクト+(プラス)」は、現金の預け入れと引き出しはキャッシュカードで、入出金明細照会や現在高照会等はゆうちょダイレクト上で行うことが可能な総合口座向けのサービスです。紙の通帳を発行しない代わりに、入出金明細を最大15か月間確認できます。

すでに総合口座で「ゆうちょダイレクト」を利用している方は、ゆうちょダイレクト上で無通帳型総合口座「ゆうちょダイレクト+」への切り替えが可能です。

2020年2月1日~2月29日まで「ゆうちょダイレクト+(プラス)」切り替えキャンペーン」を開催していました。「ゆうちょダイレクト」から、通帳レスの「ゆうちょダイレクト+」に切り替えると、抽選で3,000名に現金1,000円が当たるというキャンペーン内容でした。

ゆうちょダイレクト+(プラス)

通帳を発行しないのでスマートなエコスタイル。記帳のためだけに窓口やATMに行く必要はありません。また、新型コロナウイルスの影響を受けて実施された、一人につき10万円の特別給付金が振り込まれたかどうかを確認するためだけにATMに行く必要もありません。

三井住友銀行(SMBCダイレクト:インターネットバンキング)など他の金融機関でも紙の通帳を発行しないWeb通帳のスタイルをとっているサービスがあるので、ゆうちょ銀行以外でもオススメなスタイルです。

「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」と「ゆうちょダイレクト」では一部機能が異なります

項目ゆうちょダイレクト+(プラス)ゆうちょダイレクト(総合口座の場合)
通帳の発行発行しない発行する
入出金明細の照会期間最大15か月間最大2か月間
払い込み・振込入金の照会期間
ご利用結果確認
送金(振替・振り込み・払い込み)照会期間
最大6か月間
担保定額貯金・担保定期貯金の払い戻し可能不可
担保定額貯金の預け入れ不可

※「ゆうちょダイレクト+」では担保定額貯金の預け入れは利用できません。ただし、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で申し込む指定日預入取り扱いを除きます。

可能
「担保定額貯金・担保定期貯金の満期のお知らせ」の送付送付なし(Web上で確認)送付あり
  • 「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」は、総合口座のみ利用できるサービスです。次の口座では、利用できません。
    • 振替口座
    • 通常貯蓄貯金口座
    • キャッシュカードを利用していない通常貯金口座
    • 非課税扱いの担保定額貯金・担保定期貯金を利用中の通常貯金口座
  • 入出金明細照会、払い込み・振込入金の照会、ご利用結果確認で確認できる最も古い明細は、「14か月前の1日」または「ゆうちょダイレクトの利用開始日の翌日」いずれかの新しい日付以降のものです。
  • 切替前に預け入れした担保定額貯金は、「ゆうちょダイレクト+」で払い戻しできます。
  • 「ゆうちょダイレクト+」から通帳発行口座へ変更(切戻し)を行う際には、窓口にて書面での手続きが必要です。
  • 窓口で各種手続きを行う際は、通帳に代わりキャッシュカードを持参してください。
まだゆうちょ銀行の総合口座を持っていない方はこちら
資料請求|ゆうちょダイレクトプラス

無通帳型総合口座サービス「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」の利用申込書の請求は郵送で行います。


ゆうちょ銀行の総合口座を持っているが、ゆうちょダイレクトを利用していない方はこちら
ゆうちょダイレクト | 新規利用申込み

ゆうちょ銀行の口座をすでに持っている方で、インターネットバンキング「ゆうちょダイレクト」を利用していない方が、「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」を利用するには、まずは「ゆうちょダイレクト」への申し込みが必要です。

「ゆうちょダイレクト」に新規登録した後、「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」へ切り替えをするという流れになります。(総合口座に限ります)


ゆうちょ銀行の総合口座を持っていて、すでにゆうちょダイレクトを利用している方はこちら
ゆうちょダイレクト+(プラス)へ切り替えるには-ゆうちょ銀行

「ゆうちょダイレクト」のWebページ上からすぐに、「ゆうちょダイレクト+ (プラス)」に切り替えられます。

コメント